2011年06月14日

コンフォートシャックル=構造変更検査

コンフォートシャックルの検査時の事についてお話します。
ハイエース(リーフスプリング車)独特の突き上げ感を緩和・軽減し、乗用車並みの乗り心地を実現します。
と言うパーツです。

h001_image01.png

h001_zu.png

基本的には強度試験証明書は無償でお出しいたします。
その、書類を検査時に陸運局に持ち込んでも車検はパスしませんのでご注意下さい。
車検時には陸運局の定める改造申請書が必要となります。

内容的には
1.改造自動車届出書
2.改造概要等説明書
3.改造等の概要
4.車検証のコピー
5.強度試験証明書
6.自動車四面図
7.シャックルを取り付けた状態での写真
8.23年7月1日より法律の改正に伴い他にも書類が必要となります。

上記を揃え陸運局に提出致します。

P1090959.JPG
本日も3台、提出して来ました。

P1090961.JPG
ホットスタイルでは車検にパス出来るよう強度試験を行い認可出来るように製作しております。
改造申請は一台ごとに申請をします。

そして

何処の陸運局でもパスする書類を代行致します。

P1090963.JPG
車体番号の限定書類が交付されます。(改造結果通知書)
これさえ有れば貴方の車両形式にと言う文字が追加されます。
たとえばガソリンの2000ccの場合、車両形式はCBF-TRH200V改となります。

改造申請書に関しましては有料となります。

価格は20,000円となります。

改造申請書代行に関しましては、

[総発売元]
ホットスタイル 075-671-3005


[正規販売代理店]

コンフォートシャックル 代理店様 2015-11-07.pdf
にて、承っております。

貴方が用意するのは車検証のコピーだけです。
約2週間後にはお届けいたします。
書類の有効期間は特に定められておりません。


ひらめき
コンフォート・シャックル販売代理店募集中です。


メール お問い合わせ用フォーム メール

posted by customs at 18:18| Factory NOW